最近登場したCRMシステム|その魅力に迫る

ウーマン
男性

専門家に任せよう

これから通販サイトを始めるにあたっては、運営代行サービスに任せてしまったほうがいいでしょう。自社ですべてを運営するよりもはるかにコストを抑えられるからです。まずは、代行サービスのホームページにある問い合わせフォームを活用しましょう。

クライアントを数値管理

システム

リレーション強化ツール

競争が激化している現代において、各企業価格ではない点で他社と差別化を図るために、クライアントとなる顧客との関係性をより強化する様になりました。クライアントのリレーション強化のための専門部署が新たに設置されたり、顧客管理部署を立ち上げる等新たな取り組みが注目される様になりました。クライアントを管理する上で重要なツールとして、CRMシステムがあり現在多種多様なシステムが販売されています。外資系企業であれば、世界共通のシステムを使用するケースも多く、世界中どこからアクセスをしても顧客情報の閲覧が可能となるため、社内で同じ情報を共有する事が可能です。そんなCRMシステムを上手に活用するには、データとして入力すべき情報を社内で共通認識を持ち、ルールつける事でしょう。特にクライアントの数が多い企業の場合、膨大なデータから必要な情報のみ取り出すためには、具体的にクライアントのどの様な情報を蓄積すべきかを明確にする必要があります。例えば、売り上げ額、売り上げ数、購買頻度等、どの社員がデーターを入力しても同じ情報が蓄積される事が重要です。膨大なデータの中から、直近半年間購入をしていないクライアントに対して、何か販売促進となるアクションを起こすべきとCRMシステムから判断ができ、より効果的なアクションを実行出来る事でしょう。CRMシステムは、利用する期間が長くなればなるほど、そのデータの量が増え、より詳細な分析が可能となりますので、長期的な視点を持って社内への導入を検討してみると良いでしょう。

ブース

新製品を発表するイベント

業者に依頼して展示会のブースを施工するときの流れは、まず展示する目的やコンセプトを明確にするために、業者と相談を行います。業者はブースのプランを作成してくるため、プランに納得できたら契約を結び、展示会までに施工を依頼します。

通話

質を見極めるのが大切です

横浜の様に電話代行業者が多いエリアは業者選定は慎重に行う必要があります。オペレーターの質が自社のイメージに繋がり、業績に影響を与える事もあり得ます。中にはお試し期間を設けているケースもあるので上手に活用をしましょう。